<< 六十頌 | main | さわやかな朝 >>
夏の名残

「北海道人は寒がりだから」なんて言われたことがあるのですが、どうも私は寒がりのようです。

今年の春は随分と寒い日が続き、暑い夏など来ないのではないかと心配してましたが、突然七月の半ばを過ぎたあたりから暑くなり、それから一ヶ月くらい暑い夏が続いてくれました。

さすがにもうここまでくると、朝晩は涼しすぎて長袖を着ていますが、太陽が出ると最後の夏を楽しむために、半袖になり、楽しんでいるところです。

ハワイの好きな娘に買ってもらった二枚のアロハシャツも、この夏は楽しんで着ることができましたが、さすがに秋を感じ始めたこの頃になると、アロハは似合わないようです。

ところで、この夏のハワイはどうも異常気象のようです。大雨が降り続き、ワイキキの浜辺は閉鎖状態だとか?本当でしょうか。

夏の名残を惜しむ気持ちが強いのは、北海道人だからでしょうか、それともただの寒がりなのでしょうか。

| - | 17:26 | - | - |