<< 平凡の成り立ち | main | たかちゃん >>
時代の波

写真館の正面の外壁には,右側には、大きな丸い輪の形をした物と、

左側には、細長いスチール製の平板が、29本四角く並んでいる。

この細長い平板は、1本づつづれて波が打ってあり、

並べると、右側に向かってその波が登っているように見える。

この建物(写真館)は平成元年の十二月に完成したのだが、

当時、これをデザインした人に、この意味を訊いてみた。

s氏は「時代の波です」と答えた。

平板29本の波が右肩上がりに上昇しているので、

「昇り調子の波ですね」と僕は言った。

「そうです」と答えてくれたかは忘れたが、

その29本の平板1本を1年とすると、

最後は平成二十九年ということになる。

 

〈その平成二十九年まで写真館を続けていられたら、頑張ってきたと思えるだろうか〉

と、当時三十三才の自分は自問していた。

僕は〈思える〉と感じた。

現在,平成二十六年十一月二十九日。

時代の波のように、決して右肩上がりではなかったが、

いろいろと写真を通しての出会いがあり、

いろいろな経験をこれまでさせてもらってきた。

もちろん、まだその先も続くのだろうが、

平成元年十二月の、ささやかな自問自答が、

今でも「時代の波」を眺めると思い出すのである。

| 日々のこと | 13:42 | - | - |